土木・基礎工事一式 川重産業株式会社

お気軽にお問い合わせください TEL:06-6202-6622

  • ホーム
  • 工法紹介
  • 施工実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ

工法紹介-全旋回オールケーシング工法の特長・仕様

工法一覧

全旋回オールケーシングの特長・仕様

全旋回オールケーシング工法

その他の各種工法

基礎工事のプロが提案するVE提案 K-キャッチハンマー工法 ケーシング引き抜き装置

全旋回オールケーシング工法の特長・仕様

硬土質層、地中障害物撤去、柱列・岩盤施工で
高い評価を得ています。

全旋回工法とは、ケーシングを全周回転させることにより、岩盤や地中障害物を強力に掘削するオールケーシング工法です。インサートカッタや回転反力取り装置を使用することで施工性に優れています。

近年、基礎工事は多様化の傾向にあり、特に杭先端部の支持層への根入れ、転石層の掘抜き、都市再開発における地中障害物の撤去、地滑り地区における抑止杭の施工、周辺地盤を考慮した場所打ち杭の施工が増加しています。工事の大型化とともに施工コスト低減の要求も高まっています。

このようなニーズにお応えするのが当社の全旋回オールケーシング法です。

当社独自のケーシングビットを全周回転。
地中障害物撤去、岩盤施工が容易。

先端に当社独自のカッタを取り付けたケーシングビットを一方向に回転させながら圧入し、インサートカッタで溝を形成。 優れた掘りくずの排出性と、ハンマグラブシェルの食い込み性の向上で、施工能率をアップ。岩なども小割りすることなく円筒状でつかみ上げることができます。

都市再開発工事での地中障害物撤去はもちろん、硬土質層、転石層への掘抜き、岩盤への建込みも容易。 支持地盤への根入れも可能になりました。

特許第1920178号(インサートカッタの取り付け)
特許第2507619号(インサートカッタの取り付け)

地中障害物撤去の施工例(模式図)

狭い現場や敷地境界際の施工が容易。

CDシリーズの回転反力支持方法は、本体の周囲に回転反力取り用ウェイトを置く必要がなく、隣接建物との境界際に本体を寄せて作業ができるため、狭い現場でも楽に施工ができます。

また、回転反力取り装置の幅を本体幅以下に抑えたため、境界線に寄せた時にも容易に作業ができます。 CD1500、CD2000では回転反力取り装置が本体の4方向に取付可能なので、敷地境界際の現場状況に合わせた工事がいっそう容易に行えます。

形式 L1 L2
CD1500 6,500mm 8,650mm
CD2000 8,500mm 11,000mm
CD3000 13,500mm 16,200mm

回転反力取り装置

仕様・寸法図

PAGE TOP